顧問弁護士に相談

売掛金の不払いのトラブル、 従業員の解雇、残業代の請求、労務関係のトラブルなどのトラブルを解決するために、やっぱり、顧問弁護士は頼りがいのある存在です。顧問弁護士が直接、クレームやトラブルの対処法について、経営者からの相談を受けてくれ、 会社の代理人としてトラブルを解決してくれます。売掛金の回収を行ってくれるのも顧問弁護士の仕事であり、 あなたの「会社を整備」する役目も担っています。

顧問弁護士は、会社を法律を守ることができる体制に整備し、会社が安定して成長できるように導く役割をもっています。日ごろから会社を整備する役割に対して、顧問弁護士が段々と重要視される傾向が強くなって来たようです。

そして、顧問弁護士は日々、経営する人たちの良き相談者になることが出来ます。採用活動、 従業員に対する指導や育成、広告宣伝、資金調達、このような、ちょっと顧問弁護士にお願いしてもいいのか……と思えることまで、相談することが出来ます。側に顧問弁護士がいる訳ですから、有効的に利用しない手はありません。
会社は法律と関わることも決して避けることが出来ません。顧問弁護士がなくても大丈夫という思いは、ほとんど経営者として失格の発想であるかもしれません。