顧問弁護士の役目

会社経営をしていると、 顧客からのクレームの対応、 労務トラブル、 契約書のリーガルチェック、就業規則や契約書の整備などこのような煩わしい問題もいろいろ必然的に起こるものです。そのようなとき、かなり法律的知識も必要になり、ただその場所しのぎのアドバイスでは、なかなか的確なアドバイスを受けることが出来せん。

顧問弁護士は、法律のプロフェッショナルであり、そのような人物をいつも会社に側においておくことで、かなり会社は安心して、自分たちの仕事を更に安心して進めていくことが出来ます。まず、多くの企業が顧問弁護士をお願いする理由は、 いつでも気軽に相談できることであり、継続的に相談でき、あなたの会社の味方となってくれることです。

しかし、そのような人たちが一体具体的には何をしてくれるというのでしょう。顧問弁護士とは、経営者のパートナーでなければならないのです。緊急時にあなたの会社を守ってくれることこそが顧問弁護士の大きな役目です。何度も既にお話ししてますが会社には、常にいろいろなトラブルと遭遇するものです。会社の製品やサービスに対する苦情もあるでしょうし、 取引先・消費者からのクレームもあります。更に売掛金の不払いのトラブルもあります。