顧問弁護士に依頼

顧問弁護士をつけることが当たり前のモチベーションでいる企業も既にたくさんあります。そのようなシステム・態勢は、会社経営において果たしてどのようなメリットをもたらすのでしょうか……。

取引先とトラブルが起こった場合、最近では、そのような人物に相談をして回答しますという言われるケースも増えてきたといいます。もちろん、依頼することで、自分たちの会社を守ってくれるという思いは大変強いです。
ただし、その思いは、所詮なんとなくという思いに過ぎないのです。もう少し、依頼して得ることが出来るメリットについて追求しなければならないでしょう。あなたは、本当にまだそのような人たちに依頼する必要はないのでしょうか。この記事を読んでしっかり考えて欲しいものです。

そもそも、そのような弁護士の存在意味はなんなのでしょうか。簡単に言ってしまえば、そのような顧問の弁護士は、いつでも気軽に、継続的に相談できる、そしてあなたの会社の味方となってくれる弁護士です。
それがみなさんにとって一番都合の良い弁護士の形態のはずです。会社を経営するということは、日々いろいろな難題を突きつけられることになります。新しい問題が起こったとき、 経営者の先輩にアドバイスを求めることもあるでしょうし、 経営コンサルタントや顧問税理士にアドバイスを求めるということもあります。ただし、このような姿勢だけでは不十分というケースが多々あるはずです。