顧問弁護士に相談

売掛金の不払いのトラブル、 従業員の解雇、残業代の請求、労務関係のトラブルなどのトラブルを解決するために、やっぱり、顧問弁護士は頼りがいのある存在です。顧問弁護士が直接、クレームやトラブルの対処法について、経営者からの相談を受けてくれ、 会社の代理人としてトラブルを解決してくれます。売掛金の回収を行ってくれるのも顧問弁護士の仕事であり、 あなたの「会社を整備」する役目も担っています。

顧問弁護士は、会社を法律を守ることができる体制に整備し、会社が安定して成長できるように導く役割をもっています。日ごろから会社を整備する役割に対して、顧問弁護士が段々と重要視される傾向が強くなって来たようです。

そして、顧問弁護士は日々、経営する人たちの良き相談者になることが出来ます。採用活動、 従業員に対する指導や育成、広告宣伝、資金調達、このような、ちょっと顧問弁護士にお願いしてもいいのか……と思えることまで、相談することが出来ます。側に顧問弁護士がいる訳ですから、有効的に利用しない手はありません。
会社は法律と関わることも決して避けることが出来ません。顧問弁護士がなくても大丈夫という思いは、ほとんど経営者として失格の発想であるかもしれません。

顧問弁護士の役目

会社経営をしていると、 顧客からのクレームの対応、 労務トラブル、 契約書のリーガルチェック、就業規則や契約書の整備などこのような煩わしい問題もいろいろ必然的に起こるものです。そのようなとき、かなり法律的知識も必要になり、ただその場所しのぎのアドバイスでは、なかなか的確なアドバイスを受けることが出来せん。

顧問弁護士は、法律のプロフェッショナルであり、そのような人物をいつも会社に側においておくことで、かなり会社は安心して、自分たちの仕事を更に安心して進めていくことが出来ます。まず、多くの企業が顧問弁護士をお願いする理由は、 いつでも気軽に相談できることであり、継続的に相談でき、あなたの会社の味方となってくれることです。

しかし、そのような人たちが一体具体的には何をしてくれるというのでしょう。顧問弁護士とは、経営者のパートナーでなければならないのです。緊急時にあなたの会社を守ってくれることこそが顧問弁護士の大きな役目です。何度も既にお話ししてますが会社には、常にいろいろなトラブルと遭遇するものです。会社の製品やサービスに対する苦情もあるでしょうし、 取引先・消費者からのクレームもあります。更に売掛金の不払いのトラブルもあります。

顧問弁護士に依頼

顧問弁護士をつけることが当たり前のモチベーションでいる企業も既にたくさんあります。そのようなシステム・態勢は、会社経営において果たしてどのようなメリットをもたらすのでしょうか……。

取引先とトラブルが起こった場合、最近では、そのような人物に相談をして回答しますという言われるケースも増えてきたといいます。もちろん、依頼することで、自分たちの会社を守ってくれるという思いは大変強いです。
ただし、その思いは、所詮なんとなくという思いに過ぎないのです。もう少し、依頼して得ることが出来るメリットについて追求しなければならないでしょう。あなたは、本当にまだそのような人たちに依頼する必要はないのでしょうか。この記事を読んでしっかり考えて欲しいものです。

そもそも、そのような弁護士の存在意味はなんなのでしょうか。簡単に言ってしまえば、そのような顧問の弁護士は、いつでも気軽に、継続的に相談できる、そしてあなたの会社の味方となってくれる弁護士です。
それがみなさんにとって一番都合の良い弁護士の形態のはずです。会社を経営するということは、日々いろいろな難題を突きつけられることになります。新しい問題が起こったとき、 経営者の先輩にアドバイスを求めることもあるでしょうし、 経営コンサルタントや顧問税理士にアドバイスを求めるということもあります。ただし、このような姿勢だけでは不十分というケースが多々あるはずです。